Sobalipse

必要なもの

参考資料

インストール

  • Eclipseを起動
  • メインメニューの「Help」-「Software Updates」-「Find and Install」を選択
  • 「Search for new features to install」を選択して次へ
  • 「New Remote Site」ボタンを押す
  • Nameに「Sobalipse」、URLに「http://sobalipse.sourceforge.net/」と入れてOK
  • 「Sites to include in search」欄に現れた「Sobalipse」にチェックを入れて次へ (たまに接続に失敗することがあるので、だめなら何度か試してみてください)
  • 「Select the features to install」欄の「net.sourceforge.sobalipse」にチェックを入れて次へ
  • ライセンス画面が現れるので、「I accept the terms in the license agreements.」にチェックを入れて次へ
  • インストール場所を選択して「Finish」ボタンを押す
  • 「Feature Velification」画面で「Install」ボタンを押す
  • インストールが終わったらEclipseを再起動

起動方法

  • ツールバーに「S」マークのボタンが出るので、その隣の下向き矢印を押して、出てきたメニューから「Sobalipse」を選択
  • Sobalipseというタイトルのビューが表れます
  • Sobalipseビューのメインメニューの「Sobalipse」-「ユーザ情報変更」を選択
  • 「ユーザ情報の変更」ダイアログで、ユーザ名を選択し、アイコンを選択して、「Finish」ボタンを押す
  • Sobalipseビューのメインメニューの「Sobalipse」-「Sobalipesの起動」を選択

使い方(ユーザ一覧)

  • 「起動しました」と表示されたら、Sobalipseビューのメインメニューの「ユーザ一覧を表示」を選択すると、オンラインのユーザが表示されます

MiniSobaサーバ

  • インデックスサーバを使わなくてもローカルのサーバも立てられます