VC-1

SYNNEXさまのご好意によりVC-1の試用をさせてもらうことになりました。情報センターのラウンジと会議スペースにノートパソコンを1台ずつ用意し、片方は普通のヘッドセットを使い、もう片方はVC-1を使いました。また、Skypeを使って動作させてみました。結果としては、VC-1を接続している側では高品質の音で聞くことができましたが、VC-1の通信相手側では「ビー」というノイズが聞こえてきて聞きづらいという状態になってしまいました。ヘッドセット同士であれば、このような状態にはならないのですが、片方のヘッドセットをVC-1へ変更すると「ビー」というノイズが発生してしまいます。ノートパソコンも変えてみましたが結果は変わりませんでした。人によってはこのノイズが気になるかもしれません。気になるか否かでVC-1の評価は変わりそうです。

この件について、後日SYNNEXさまへ問い合わせをしたところSkypeのecho123というアカウントと通話をしてみてどうなるか確認をしてみるように教えてもらいましたので、試してみました。echo123というアカウントと通話すると、こちらで話した内容を記録して、それをそのまま向こうで再生するというサービスを受けることができます。結果は、VC-1のスピーカで聴くと問題ありませんでした。このことから、拠点ごとにVC-1を用意しておいて、拠点間のグループ会議をする場合には、高品質な音声で通話ができそうだと想像できます。

今回は、ノイズカットに対しての有効な手段まではみつけることができませんでしたが、VC-1のような製品が利用できると、とても便利だということがわかりました。近々導入できると嬉しいのですが、実際のところとしては資金が必要なので、そちらをなんとかしないといけません。またいろいろと検討していきたいところです。

最後に、VC-1試用機を提供してくださいましたSYNNEXさまに感謝いたします。